どのミスに注意すると良いか。

許されないミスが、見た目によって変わります。
童顔の人は、うっかりミスに注意しましょう!
大人びた顔の人は、恣意的なミスに注意しましょう!

童顔

    許される:計画的なミス、意図的なミス(器物損壊など)
    許されない:うっかりミス

大人びた顔

    許される:うっかりミス
    許されない:計画的なミス、恣意的なミス(器物損壊など)

人は、あらかじめ相手がやりそうなミスをイメージして判断している。

童顔だと、恣意的なミスはまさかそんな事しないだろうというイメージを持ったうえでの判断されることが多い。

大人びた顔の人は、うっかりミスについてまさかしないだろうというイメージ
をもったうえで判断されることが多い。

それらをベースに判断するので、裁判の判例などでも偏りが出ていることがわかっている。

裁判凡例

      :意図的な器物損壊 
        大人びた顔 92%が有罪
       童顔の人 45%が有罪

     :過失による損害
       大人びた顔 58%が有罪
       童顔の人 85%が有罪

もし、自分が童顔なら小さなミスに気をつけて。
大人びた顔であれば、恣意的なミスに気を付けるようにしましょう!